企業理念

仕事を通じて人格を形成できる会社にする 会社と個人の豊かさを実現できる会社にする
社内外の信用と信頼を得られる会社にする
社会での存在価値を認められ、本業を通じて社会へ貢献できる会社にする

当社は1949年(昭和24年)、セロファンを主体とする包装紙の販売事業で創業しました。その後、食品パッケージを中心としたプラスティックフィルムの製版、印刷、加工の工程を一貫して手掛けるようになり、現在に至ります。
時代とともに消費者の嗜好や流通のあり方はめまぐるしく変化しています。商品の「顔」であるパッケージにも、機能性や安全性はもとより、販売戦略、ブランド戦略を担うメディアとしての役割が求められるようになっています。
当社は、より付加価値の高い製品とサービスをお客さまに提供できるよう、2012年6月に本社社屋ならびに工場を新設しました。新工場には環境負荷の低減と品質、生産性の面で業界トップクラスの設備を導入し、品質・納期・コストの面でお客さまに満足していただける体制を整えています。
私たちはこれまでさまざまなパッケージの開発に携わってきました。この経験とノウハウを活かし、今後は売れる商品づくり、またブランドづくりのパートナーとして、お客さまの期待値を超える提案をお届けします。

代表取締役社長
賀谷真尚

賀谷真尚