沿革

昭和24年 賀谷洋紙店
金沢市西町4番丁にて創業
セロファンを主体に包装紙を販売
昭和27年 セロファンの印刷加工を開始
昭和29年 賀谷セロファン株式会社を設立
昭和31年 グラビア印刷開始
昭和33年 富山支店開設
昭和34年 金沢市桶町に新社屋を建設
製袋加工の設備を整え写真製版を開始
昭和37年 西金沢に新社屋を建設
透明包装資材の製版・印刷・加工の一貫工程を完成
昭和49年 松任市(現白山市)横江町に新社屋を建設
昭和62年 本社工場を増築 併せて7色グラビア輪転印刷機を増設
昭和63年 CI計画を導入 職能資格制度を導入
平成3年 軟包装衛生協議会の衛生工場認定取得
七尾営業所開設
平成4年 6色グラビア輪転印刷機を増設
中期経営計画書を策定平成5年高速スリッタ一機を増設
見積・受注・販売システム(コンピュータ化)を導入
平成6年 7色グラビア輪転印刷機に延長乾燥機を増設
平成7年 欠点検出検品機(DAC製)を新設
DTP(Desk Top Publishing)を導入
製造事務所を新築
平成8年 富山支店
富山市大泉東町に移転
平成10年 本社事務所を新築
小幅専用7色グラビア輪転印刷機を増設
平成12年 欠点検出検品機(DAC製)を増設
平成13年 京都営業所開設
ISO9001認証取得
平成16年 ISO14001認証取得
平成20年 グリーンプリンティング工場認証取得
平成21年 長野営業所開設
平成23年 本社工場を新築
8色グラビア輪転印刷機ドライラミネーター機を導入
平成24年 本社事務棟を新築
平成27年 FSSC22000認証取得